胸の形を自分好みに作る|これなら確実にバストアップできると評判|調べて利用しよう

これなら確実にバストアップできると評判|調べて利用しよう

女性

胸の形を自分好みに作る

笑顔のドクター

豊胸の特徴と内容

バストアップしたい女性はたくさんいます。もともと胸が小さくコンプレックスを抱えている人も多いですが、出産し授乳をすることで胸の形が大きく変わってしまったり、小さくなってしまうことがあります。その他にも年齢とともに乳房が下がってきてしまうことでバストの形を維持できない状態になることがあります。これらの問題を手術して形を整えることで綺麗なバストを手に入れると同時にバストアップをすることができます。胸が下がってしまう理由として乳房の大きさがあります。大きい人はどうしても重力により下に引っ張られてしまうため胸が下がりやすくなります。昨今、バストアップの手術はとても進化しており周りから見ても分からないくらい自然な形と感触を再現できるようにまでなってきました。今までは食塩バッグやシリコンバッグを乳房に直接入れることが主流でした。ですが、この方法では胸の形が歪になるだけではなく、バッグの形がはっきりとわかってしまうことが多く、乳癌検診等が受けづらくなってしまうことがデメリットとしてありました。最近では胸筋の下にシリコンバッグを入れることにより自分のバストを生かしたまま大きくすることができるようになりました。胸筋内にバッグを入れているため衝撃によりバッグが破けてしまうリスクも減ってきています。その他にヒアルロン酸によるバストアップも出来るようになりました。体にある成分の為安全性が高く数年で体に吸収されてしまうため定期的なメンテナンスが必要になります。ヒアルロン酸注入は手術時間が短くて済むため口コミで人気があります。

知っておくと良いこと

シリコンバッグを使ったバストアップ手術をした後、傷が癒えて痛みが少なくなってきたら胸のマッサージをすることで皮膚が固くなることを防ぐことができます。どうしても傷回りの皮膚が固くなりやすいのでこまめにマッサージをすることが大切です。ヒアルロン酸注入を受けた際もヒアルロン酸が一部固まってしまっている場合があるのでマッサージをしたほうが良いです。乳房の中には乳腺があり、乳腺の中には脂肪細胞の他に神経や血管が多く張り巡らされています。マッサージの際の強い力で行ってしまうと乳腺が切れたり傷ついたりするため、バストが下がりやすくなります。そのため優しい力で撫でるようにマッサージすることで皮膚が固くなることを防ぐだけではなく、デコルテの血流を上げ顔のむくみ対策にもなります。また、胸周辺が温まることで顔色が良くなります。また、定期的なメンテナンスを受けることが大切ですが自分でもバストアップマッサージをすることが可能です。ポイントとしては大胸筋と腋窩リンパ腺を刺激することです。胸の根元をくるくるとなぞるようにマッサージします。次にバスト下側から腋窩リンパ腺へ向けて手を交互に動かしリンパ液を流します。最後に胸を両手で包んで軽く丸めるようにし、下から上にたたくように引きあげます。このマッサージを就寝前に行うことでリラックスを促すことができ、体が温まるので安眠できるようになります。また、胸を触ることで胸のあるしこりや皮膚の異常などにすぐ気づくことができます。こうしたマッサージを日々続けていくことで、施術を受けたあとのバストをより自然な形に近づけていくことができます。